ブログ|株式会社ラットパトロール消毒|サンゴ礁販売「オーシャンワールド」

株式会社ラットパトロール消毒 オーシャンワールド
ブログ

駆除日記:ヌートリア捕獲で罰金30万円‼️

今回は9月29日の新聞記事を紹介します。

【野生のヌートリアを違法に捕獲したとして、名古屋区検は28日、鳥獣保護法違反の罪で、ベトナム国籍で愛知県西尾市、派遣社員の男性39才を略式起訴した。名古屋簡裁は即日、罰金30万円の略式命令を出した。男性は3月ごろ、同県豊川市内の河川敷で、猟銃期間外に箱わなを使ってヌートリア1匹を捕獲したとして、県警に逮捕されていた。】新聞記事はここまででしたが、逮捕された男性はヌートリアを捕獲した後、調理して食べる様子をYouTubeにアップしていたそうで、その事が逮捕の決め手となったそうです。ヌートリアの農作物への被害は、愛知県内でおよそ1500万円。しかし、ヌートリアを勝手に捕獲し、食べることは法律違反ですので、お困り方はご相談下さい。見積りは無料です。捕獲器を使用した調査は5,500円(税込)から 捕獲後の回収、消毒は55,000円(税込)から承ります。

駆除日記:ベランダに来る鳩を無許可で捕獲する事は違法です

今回は、前回の「飛べないカルガモ」の時にふれた「鳥獣保護法」についてお話しします。鳥獣保護法とは、鳥獣の保護と狩猟に関することを全般的に定めた法律で、鳥類や哺乳類などの野生動物を許可無く捕まえたり、鳥の卵を採取したりすることを原則として禁止し、鳥獣の飼養・販売や輸出を規制しています。ですから、前回の飛べないカルガモを保護して元気になるまで飼育する事も基本的には違法になるって事ですね(*_*)。同じ様に、ベランダに来たハトを捕獲したり、巣に出来た卵を取る事も禁止されていますのでご注意下さい。ハトの被害に悩んでいる方は是非ご相談下さい。巣を作り卵からヒナになってしまうと、巣立つまで駆除が出来ないこともありますのでご相談はお早めに。

駆除日記:飛べないカルガモ

今回も台風14号が通過した後の出来事です。

堤防道路を車で走行中、道路の中央付近で鳥が1羽歩いていました。車が近づくと飛ぼうと羽を広げますが、バタバタするだけで飛ぶことができません。どうやらケガをしている様です。助けてあげたいのですが、野生の鳥を捕獲することは鳥獣保護法で禁止されているので、なんとか道路の端の草むらまで誘導してあげました。鳥の足にひれが付いていたのでカルガモかと思われます。自力で回復して元気になってくれる事を祈ってます。鳥獣保護法については次回のブログでご説明いたします。

駆除日記:台風の後に家の中でコバエが大発生‼︎

9月19日に台風14号がこの地方を通過した次の日にこんな問い合わせがありました。「急に家の中でコバエが大発生した。どうしたらいいか教えて欲しい」との事でした。詳しく事情を聞いてみると、台風に備えてベランダのプランターや植木鉢を部屋の中に入れたそうで、そこからコバエが発生したようです。コバエの数も「大発生」とおっしゃっていたので50〜100匹ぐらい飛んでいるのかと想像しましたが、10匹程度でした(^^)市販のコバエがいなくなるスプレーで十分対応出来る事をお伝えして様子を見てくださいとアドバイスしたところ、原因がわかり安心された様でした。ベランダに置いてある植木鉢やプランターにはコバエ以外にもさまざまな虫が潜んでいますので、部屋の中に入れる時は注意しましょう。

駆除日記:はじめまして( ◠‿◠ )

はじめまして。
ラットパトロール消毒の営業・駆除担当の大野です。本日からブログ担当となりました。お客様からのよくある質問や問い合わせを不定期に更新して行きたいと思ってます。ブログ初心者ですがよろしくお願いします(^。^)

害虫駆除なら株式会社ラットパトロール消毒にご相談を!

株式会社ラットパトロール消毒では、色々な害虫駆除を行っております。

弊社創業以来、お客様に安心、安全、敏速にお客様にご満足していただける

質の高いサービスを提供しています。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

スズメバチ関連記事

関連ニュース:asahi.comより抜粋

スズメバチに襲われ、死亡するケースが相次いでいる。

17日には福島県で男性1人が死亡、東京都調布市でも中学生らが集団で襲われてけ がをした。春先の記録的な少雨の影響で、今年は繁殖を増やしたとの見方もある。これから10月にかけては、特に攻撃性が強まる季節を迎え るため、専門家らは「巣には絶対に近づかないように」と呼びかけている。 17日午前5時55分ごろ、福島県浪江町の神社の敷地内で、近くに住む給油所経営志賀利治さん(58)が頭
をスズメバチに刺され、まもなく ショック死した。

東京都調布市でも17日午前9時40分ごろ、清掃活動をしていた中学生ら6人が、学校周辺の林の中でスズメバチとみられるハチに刺されて いけがをした。

広島県安芸高田市の田んぼでは1日、近くの農業男性(77)が作業中、ハチに刺され、アレルギー性ショックで死亡した。男性は5年ぐらい前 もハチに刺されたことがあったという。一度、ハチに刺されると、ショックを起こしやすいという。

新潟では8月以降、ハチに刺された登山者が、3回にわたってヘリコプターで救助されている。

このほか8月から9月にかけて愛知県岡崎市や鹿児島市などで小、中学生らが集団で襲われてけがをした。

ハチに刺されて死亡したのは、厚生労働省がまとめた最新の03年度分で全国で24人にのぼっており、大半がスズメバチとみられる。 今年は春先、少雨が続き、1946年以降、西日本の太平洋側は過去最低、東日本の太平洋側は3番目に少なかった。

大阪市立自然史博物館の金沢至・主任学芸員によると、スズメバチは春先、女王バチが巣作りを始めるという。金沢さんは「女王バチは雨にぬ れない場所に巣をつくるので、雨が少ないことが巣作りの好条件になったのでは」と話す。 これから10月までが最も注意が必要という。この時期、巣は最も大きくなり、凶暴なオオスズメバチの巣がクマに襲われるケースが相次ぐ。巣 をなくしたオオスズメバチがキイロスズメバチの巣を襲うなど、スズメバチに警戒心が強まり、攻撃性が高まるという。
スズメバチがいるのは山間部だけではない。名古屋市生活衛生センターによると、市内の駆除件数は今年に入って700件余りにのぼってお り、人が刺されるケースは64件あった。昨年は、猛暑の影響もあって過去最高の1109件の駆除があったが、今年も同様のペースだ。 同センターの山内博美さんは「ハチが都市環境に適応し、数も増えている。郊外に住宅ができ、ハチと人間がおなじ地域に住むようになった。 の手入れなどの際は、事前にハチがいないか確かめてほしい」と話している。

スズメバチへの対処

●黒や青い服は避ける ※黒は襲ってくるものとみられる。

●巣を見つけたら逃げる
※巣から離れるほど攻撃力は落ちる

●急な動きはしない

※手ではらったり、急に向きを変えたりしない。

巣を見たら静かに後ずさりして離れる

●香水や化粧品はつけない ※においに敏感。汗にも反応
●刺されたらすぐ水洗い
●抗ヒスタミンの薬を塗る
●すぐ病院に行く
●一度刺されたら細心の注意を

 

ダニについて

ダニには、かゆみや皮膚炎を起こすだけでなく、アレルギー等をひき起こす原因にもなります。

一般的に「痒い」といえば「ダニ」と思われがちですが、痒い原因を特定し対策を考えましょう。
原因追求には・・・
刺された跡 ・家の周囲に鳥の巣は無いか? 鼠はいないか?自宅や近所でペットを飼ってないか? 床下に野良猫等が入り込んでいないか?
などを参考にしてみましょう。 家屋内にはもともと40種類以上のダニがいると言われています。 吸血・皮膚炎を起こすダニや、人は刺さないがアレルギーの原因になるようなダニもいます。
ダニ対策

1.畳・カーペットなどに丹念に掃除機をかけて、吸い取ったダニが逃げないようにゴミを放置せずにただちにゴミ袋に捨て処分する。

2.換気をよくして、風通しをよくする。
3.出来れば晴天の日に畳を1日天下干しする。

4.室内の水分があがらないようにす
る。(例えば加湿器を使わないとか、洗濯物を室内で干さない等など。)

5.畳の上のカーペットやビニールの敷物は畳の含水量を高めることになるので出来れば取り外す。
以上の事に注意して室内の湿度をできれば75%以下に保つと良いでしょう。

蚊について

主に早春~晩秋まで見られますがビルの地下水域等に発生するチカイエカは冬期でも活動します。 日本では100種あまりの蚊が分布してますがその中で人を吸血するものは十数種です。 刺された際のかゆみの他に感染症の媒介種として日本脳炎、マラリア等を媒介します。
一般に家庭で被害が多いのがヤブカです。
普段、家での被害が多い場合は下記を注意して下さい。 家の周りで水が溜まりやすい場所、放置してあるタイヤ、空き缶、容器等がないかチャックしてそれらを除去しましょう。 家の周りに森林や池や川があると発生が多いですから家の中へ入れない事が一番の対策になります。 夏場でも窓を閉めてエアコンを使う事により蚊の侵入は激減します。 網戸にした場合は蚊が入ってきてなくても常時蚊取り線香等を使う事で侵入を防ぐ効果が上がります。 家の周りで蚊が発生し易い環境を出来るだけ無くす事と侵入をされ難い対策をする事が大事です。 ビルの場合、排水溝、湧水槽で発生するチカイエカは、定期的な駆除をする事で発生を防ぐ事が出来ます。 各水槽桝へのラットパトロール式自動薬剤散布システムを設置し水槽の水量を
確かめ有機燐系乳剤を適量散布する事でチカイエカの発生を 除できます。