株式会社ラットパトロール消毒 オーシャンワールド
ブログ

カテゴリー別アーカイブ: 豆知識

ネズミの生態

人の生活空間に侵入してくる家ネズミはクマネズミ、ドブネズミ、ハツカネズミが主な種ですが現在、都市部を中心に勢力を増やし
続けてるのがクマネズミです。
クマネズミは縦の動きに優れていて立体的な活動をする事と人間に身近な空間で過ごす事が出来る為により都市環境に向いたネズミだと
いえます。
ドブネズミがせいぜい1階の天井裏までしか上っていけないのに対してクマネズミは配管を伝ってビルの最上階まで上っていきます。
また50cm位の高さであれば簡単にジャンプして上ってしまいます。
そしてクマネズミは飲食店の厨房内で巣を作ったり一般家屋でも冷蔵庫のモーター部、押入れの中等で巣を作ったりします。
クマネズミは安全だと思えば人間との距離を気にしないで生活してしまうのです。
これはそのまま都市部でクマネズミの生活出来る空間が多いという事になります。
クマネズミとドブネズミの見た目の違いは尾の長さがドブネズミは体長よりも短いのに対してクマネズミは体長より尾が長く耳と眼が大きい
のが特徴です。
また、クマネズミは大きなもので200~250g程度ですがドブネズミは通常300g程度で中には600gに達するものまでいます。
ネズミは元来、夜行性ですが自然の昼夜よりも人間の活動に関連した明暗によって生活を変化させています。
例えば朝方まで営業する飲食店では営業が終わって朝になってからネズミの活動が活発になったりします。
昼間は人が居なくて夜に営業する飲食店等ではネズミもそれに合わせて生活パターンを変えてるのです。
このように人間の生活(食物、移住空間)をネズミは大いに利用して生きてます。
それだけに住みつかれるとやっかいなのです。
直接的な害として、食べ物を食べられる(靴、石鹸、服等も齧られます)壁、柱、配線を齧られる等があげられます。
特に配線を齧られると火事になる恐れもあり危険性が高いです。
また衛生上の害も多く、糞や尿からはワイル病(発熱、視力障害等)サルモネラ病(食中毒)等に感染するおそれがあり、
ネズミの体表に寄生するダニやノミによる被害もあります。
特にイエダニはネズミの外部寄生虫としての代表的なものでその被害は後を絶ちません。
ネズミの被害に遭う前にまずはネズミが通れそうな穴や隙間があればしっかり塞いで下さい。
整理整頓してネズミが隠れられるような場所をなくしましょう。
ネズミが居るような形跡を見つけたり気配を感じた場合はまずタンスと壁の隙間、冷蔵庫の裏、押入れの中等の
ネズミが潜んでいたり通りそうな場所をチェックして糞やネズミが持ち込んだ物がないか見てみましょう。
はっきりとした形跡があった場合は少しでも早く対処してネズミをいなくする事が被害を最小限に抑える事