株式会社ラットパトロール消毒 オーシャンワールド
ブログ

カテゴリー別アーカイブ: 豆知識

駆除日記:ニューヨーク市でネズミの駆除要員急募!年俸2,300万円!

今日は2022年12月の日本経済新聞から。

【米東部ニューヨーク市はこのほど、市内で大量に発生しているネズミを駆除する担当者を雇うための求人を掲載した。求人情報には「モチベーションが高く、血気盛んな」人が理想像だとしており、年俸は最大で17万ドル(約2300万円)と提示した。市内ではネズミによる被害の苦情が増えている。ニューヨーク市当局は「市内全域のげっ歯類対策担当者」として求人を掲載し始めた。募集要項では学士号の取得や関連業種での5~8年の職務経験を求め、加えて「巧みなユーモア」や「悪者風のオーラ」なども条件に挙げた。政府機関の調査によると、ニューヨーク市内でのネズミに関する苦情件数は2022年(9月末時点)で約2万1600件と、20年の同期間と比較して71%増加した。エリック・アダムズ市長は1日に自身のツイッターで「ネズミほど嫌いなものはない。もし大量のネズミと戦う決意と本能があるのなら、夢のような仕事があなたを待っている」とツイートした。アダムズ市長は11月18日にもネズミ駆除に向けた法案に署名している。】

「ニューヨークのネズミ」と聞くと、大きくて凶暴のイメージなので駆除も簡単ではないんでしょうね!

駆除日記:天井裏になにか居る⁉️

今週はこの冬1番の寒気が流れ込み、各地で氷点下を記録して大雪となりました。こんな時は、普段外に居る動物達が建物の中に侵入して、居心地が良いと、そのまま住み着いてしまう事があるので注意しましょう!早めに対処すれば案外簡単に駆除する事が出来ますよ!住み着いてしまうと警戒心も強くなり、簡単には出て行く事も無いので駆除するのに時間がかかります。まずはご相談下さい。お見積りは無料です。

駆除日記:レッカー移動で56万円⁉️

今日は1月23日の中日新聞一面から。愛知県の四十代の男性が、交通事故のレッカー移動サービスを探していて、スマホの検索で1番上に表示されたサイトの業者に電話すると「作業車一台で対応すれば3万円。1キロごとの運搬費用が650円」などと説明されたそうで、男性は「費用は五万円〜十万円程」と認識した。ところが業者から請求された金額は四十万円。事前に説明がなかった交通誘導費や夜間割増料金などが加算されていたそうです。同様の事例は2021年末頃から全国で相次ぎ、東海四県では100件を超えていると見られているそうです。名古屋市消費生活センターによると、ネット検索で表示された上位のサイトからサービスを依頼して高額請求されるケースが後を絶たず、特に水道工事や鍵の解除、害虫駆除で目立つそうです。検査サイトで上位に表示されている業者でも、必ずしも信頼できる業者とは限りません。検査サイトによっては、サイト側に支払った広告料などで表示順が決まるので、被害にあった男性は「検索サイトにも騙されたような気持ちだ」と話しています。センターによると、業者のサイトに表示されている料金が、現場での人件費にも満たないような格安で表示してある場合などは「事前の説明と違う請求があるのでは」と疑う意識が重要と言っています。もしも高額な請求をされた時はクーリングオフで契約を解除出来る場合もあるのですぐにお金を支払わず、消費生活センターに相談してください。

駆除日記:最近姿を見なくなった虫たちN o.2

ミノムシ

木の枝にぶら下がっているのは雌か幼虫で、雄は蛾です。幼虫が、枯れ枝や木の葉で作る巣が、雨具の「ミノ」に形が似ており、その名がつきました。桜・梨・梅・サツキ等の葉や小枝を、特に7,8月頃に食害しながら巣を作ります。大発生した時には樹木は丸裸となりました。身の回りの繊維でも蓑を作ることができます。天敵のオオミノガヤドリバエ(寄生蝿)が中国けら侵入して幼虫に寄生したことが激減の原因とされています。

駆除日記:最近姿を見なくなった虫たちNo.1

今回は私たちの身の回りから、いつの間にか姿を消しつつある虫を紹介します。

ニイニイゼミ:小型で迷彩色、可愛い鳴き声で、全国に分布していました。幼虫は、湿気の多い土壌を好むため地中から出てくるときに全身に泥をかぶっています、、木の根元付近で羽化し、木の低い場所に留まります。成虫になるまでの期間が3-4年と短いセミです。減少の原因は、土壌の乾燥が影響してるそうです。私が小学生の頃(昭和50年代)は夏になると、ニイニイゼミ→アブラゼミ→クマゼミ→ツクツクボウシの順に鳴いているセミが変わっていく記憶がありましたが、それが無くなっていくのは淋しいですね(*_*)

 

 

駆除日記:珍しい物見つけました‼️

庭を手入れ中に珍しい物を見つけました^_^ヘビの抜け殻です。 ヘビの抜け殻は何度か見た事はありますが、頭からしっぽ?まで、こんなに綺麗に残っているのは初めて見ました。ヘビと言えば、まだ私が入社して2•3年の頃、自宅の天井裏で音がすると言うお客様のネズミ駆除を担当した時の事です。天井裏にはネズミの足跡や糞が確認出来たので、音の原因はネズミに間違いないと思って毒餌や粘着シートを仕掛けましたが、最初の施工から1ヶ月を経過しても毒餌は全く食べず、粘着シートにも掛からないのに毎晩の様に音がするといった状態が続いてました。なかなか駆除がうまくいかなくてお客様にご迷惑をお掛けして焦っていたある時、いつもの様に点検に行って天井裏をのぞいてみると、とぐろを巻いたヘビを発見‼︎「音の原因はコイツだ!ここで取り逃したらまたお客様にご迷惑をお掛けしてしまう!」と思い、そのまま素手で掴んで捕まえました。ヘビを捕獲した後は音も無くなり、お客様にも安心して頂きました。仕事でヘビと遭遇したのは幸いにそれ以降一度もありませんが、テレビ等でヘビを見ると、捕獲した時の手の感触を今でも思い出します。

駆除日記:セアカゴケグモ確認相次ぐ❗️

今日は新聞記事を紹介します。

特定外来生物「セアカゴケグモ」の確認が各地で相次いでいる。セアカゴケグモに攻撃性はないが、触ると噛まれることがあり、激しい痛みや発熱といった症状に襲われて、乳幼児や高齢者は重症化しる恐れもある。駆除するには家庭用殺虫剤を用いるほか、靴で踏みつぶす等の物理的な方法がある。国内では、1995年に大阪府で初めて確認された。貨物やコンテナ、建築資材、自動車等に営巣したものが運ばれた結果、生息域が広範囲に拡大したと考えられており、青森県・秋田県を除く45都道府県で確認されている。鳥取県米子市なでは、8月に約50匹の発見例はあったものの、まとまった数が見つかった事例は少ない。県は「県内で広く分布している可能性がある」として、見つけた場合は自治体へ連絡するよう呼びかけている。(日本海新聞ほか)

私はまだ生きたセアカゴケグモを見た事はありませんが、愛知県も全域に拡大されているそうなので、名古屋市内で見かけることもあるでしょうね。

もし見かけた時は

  • 見つけても、素手でさわったり、捕まえたりしない。
  • 市販の家庭用殺虫剤を直接噴霧したり、靴で踏みつす。
  • セアカゴケグモが生息している可能性のある場所で作業をするときは、軍手などを着用する。
  • クモの生息しそうな場所をこまめに掃除するなど、クモの棲みにくい環境を作る。
  • 万一咬まれた場合、患部を水で洗い、医療機関で受診するその際、咬んだクモを捕まえて持参する。(適切な治療につながります)

駆除日記:どこ見てんのよ💢

先日、ある所の駐車場で「カマキリ」に出会いました。子供の頃はこのサイズのカマキリは当たり前のように居ましたが、大人になってからは久しぶりに出会った様な気がします。なんだか懐かしく、写メを撮ろうとしたら急にカメラ目線に‼️その時の写メがこちら↓↓↓

びっくりしました💦その後も何枚か写メを撮りましたが、全部カメラ目線でした🤣カマキリと言えば、交尾の時にメスがオスを食べてしまう事はよく知られていますが、これはカマキリの習性で自分より小さくて動く物はエサと認識して食べてしまうからだそうです。なのでオスも交尾の最中に食べられない様に慎重にメスに近付いて交尾をした後に逃げ切って、別のメスと交尾することによって、複数のメスからより多くの子孫を残すというオスもいるそうです。一方で、オスが交尾の時にメスに食べられた場合は、その栄養でメスに食べられなかった場合よりも多くの子供が生まれることが分かっており、メスに食べられることによって一匹のメスからより多くの子孫を残すという事になるそうです。カマキリの世界も子供を産む母親の方が強いって事ですね👍

駆除日記:コウモリ駆除は今のうちに!

10月になって涼しくなってきたと思ったら、一気に寒くなってきましたね😨日が暮れるのも早くなり、夕方にウォーキングをしていると、どこからともなくたくさんのコウモリが飛んできます。コウモリはわずかな隙間から建物の中に侵入して巣を作ります。マンションでも換気口の中で巣を作ることもあります。コウモリの巣の確認は比較的簡単なので一度自宅の周りを確認してみましょう。まずは明るい時間帯に建物の屋根と外壁の間をチェックしましょう。不自然に黒くなっていたり、黒い米粒ぐらいの糞が外壁や地面に落ちている箇所が出入り口になっています。その箇所を夕方の日没前後に注意深く観察してください。そこからコウモリがエサを取りに動き出します。コウモリは寒くなる11月頃から暖かくなる春まで巣の中で越冬するので、冬の間は巣から出てこなくなり駆除が難しくなります。薬である程度追い出す事は出来ますが、残ったコウモリが死んで異臭が発生する事もありますので、今の時期を逃したら春まで待った方が良いでしょう。

駆除日記:イギリスでネズミ取りシートの使用禁止‼️

今回は(時事通信)の記事を紹介します。

*2022年4月にイギリスで、ネズミを捕獲するための粘着シートの使用を禁止する法律が成立した。ネズミ捕りの手段として日本を含む世界で広く利用されているが、「多大な苦痛を与える可能性があり、非人道的だ」と批判が出ていた。粘着シートは掛かったネズミは動けないまま24時間以上生き続け、疲労や飢餓等によって死に至る場合が多い。野生動物やペットが掛かってしまうケースもある。法律では粘着シートを使用する免許を例外的にプロの害虫駆除業者にのみ発行する。免許なしで使用した場合は、最高6ヶ月の禁錮刑や罰金などの罰則がある。2年後に施行され、一般市民は事実上使うことができなくなる。

一般の家庭やお店でネズミが出た時に、まず最初に買って仕掛けるのは粘着シートですよね。値段もお手頃で、捕まった時の処分さえ頑張れば誰でも簡単に使用できた物が、免許がないと使えなくなるのは不便だと思いますが、動物愛護からみたら当然なのかもしれません。日本では今のところ使用可ですが、ネズミ駆除はプロの業者にお任せください。ご相談・お見積りは無理です^_^